検索

過去の小鹿野高校の様子

埼玉県立小鹿野高等学校

絵文字:矢印 右学校自己評価システムシート
絵文字:矢印 右いじめ防止等の基本方針
絵文字:矢印 右平成30年度使用教科(選定に係る基本方針)
絵文字:矢印 右学校の活性化・特色化方針
絵文字:矢印 右
緊急情報発信サイト
 台風等の際にホームページへのアクセス数が増大し、閲覧できなくなる事案が発生したため、埼玉県立の公立学校では「緊急情報発信用ウェブサイト」を準備しました。「お気に入り」や「ブックマーク」に予め登録しておいてください。なお、一部対応していない機種もあります。
※下記QRコードで登録を!

絵文字:矢印 右小鹿野高校ホームページ
 携帯電話・スマートフォンからも閲覧できます。
※こちらのQRコードから↓
http://www.ogano-h.spec.ed.jp/  

 

●著作権について●

本校ホームページに掲載される記事、写真、図画、その他のデータ類の著作権は、本校、またはその情報提供者に帰属します。
 また、そのすべてについて、「私的使用のための複製」や「引用」など著作権法上認められた場合を除き、本校の許可・承諾を得ないままほかのメディアへ転載・引用することはお断りします。
 

本校ホームページのアクセス数

いつもご覧頂きありがとうございます。
絵文字:NEW180万アクセス達成(H29.9.19)
小鹿野高校生の活躍をご覧いただき、ありがとうございました。
 

2016.4.21~

746194

オンライン状況

オンラインユーザー15人
ログインユーザー0人
学力の向上

 
いじめ防止に関すること

本校の基本方針等はこちらから
 
彩の国教育の日
 県では、教育に関する理解を深めていただくため、11月1日を「彩の国教育の日」、11月1日から7日までを「彩の国教育週間」としています。 期間中は、県や市町村、学校、社会教育施設、各種団体等で、学校公開や親子向け体験教室などの事業を多数実施しています。ぜひ御参加ください。
 

校長挨拶

~和やかに 厳しく~

埼玉県立小鹿野高等学校 校長 南 清孝

1 おがの「小鹿野」

 「小鹿野町」は、埼玉県西部の山間に位置し、その名である「おがの」の由来は、平安時代中期に編さんされた「和名抄」に記されている「巨香郷(こ(お)かのごう)」が始まりといわれています。我が町「小鹿野」は、地元民による歌舞伎や火縄銃を使った鉄砲祭りなど始めとし、長い間地元に伝えられた伝統と文化が息づいています。

 

2 生徒の数だけ、夢と時間割がある-総合学科
 本校は、昭和23(1948)年に開校、平成15(2003)年に総合学科に改編されました。地域に根ざした総合学科の高校として、学力と人間力が身に付いた生徒づくり、地域に信頼される学校づくりを目指しています。
 学校規模は3クラス120名定員と、県下でも最小規模です。小規模校のメリットを最大限に生かし、生徒一人ひとりの名前や性格までも把握して、その多様な夢や希望を伸ばすべく、職員一丸となって取り組んでいます。
 1年次は、クラス単位の授業が基本となります。2年次に向け、自分の進路を考え、科目選択をスムーズに進めるために、先生から丁寧なガイダンスを受けるとともに、「産業社会と人間」という科目を学びます。この科目は自分の生き方についての考えを深めることを目標とした、総合学科の基本科目です。
 2年次からは、自分で作った時間割で学習します。「国際教養系列」「情報・ビジネス系列」「福祉・生活系列」「郷土・環境系列」の4系列に置かれた約80の選択科目から、自分の進路実現のために必要な科目を探し学習を進めていきます。生徒の数だけ、夢と時間割があります。

3 地域に愛される学校づくり
 本校の教育活動は、校内だけにとどまりません。小中学校との連携、地域行事への積極的な参加など、明るく豊かな・住みよい郷土づくりにも貢献できる「地域に愛される学校」となるべく取り組んでいます。
 また、本校は、県内で「山村留学」ができる唯一の学校です。小鹿野町の文化やスポーツに興味・関心を持つ遠方からの希望者を、小鹿野町の宿泊施設が受け入れるものです。遠方の希望者を受け入れることで、新しい人間関係や刺激・活力、多様な価値感を学校と我が町「小鹿野」にもたらしてくれることも期待しています。

4 さらに進めたい取組

 これまでの教育活動にさらに磨きをかけるため、次の2点に取り組みたいと考えています。第一に、小さい学校だからこそできる、「確実な進学・就職」そして、それを支える「学力向上」と「きめ細かな生徒指導」等、一人ひとりの多様な夢や希望を最大限に伸ばせる教育環境作りをさらにめざしたいと思います。第二に、地域を元気にする、地域の創り手を育成できる学校づくりに取り組んで参りたいと思います。

 本校では高校生としての目標をしっかり持ち、努力して自分の夢を実現していこうとするファイトのある生徒を待っています。中学生の皆さん、保護者の皆さん、ぜひ小鹿野高校の温かく元気な高校生活を見に来てください。

 

ご覧いただきありがとうございます。

19991人目の訪問者です。

~巨香郷から未来へ~ 校長自ら発信します。

校長日誌 >> 記事詳細

2016/06/12

花しょうぶとイモ

Tweet ThisSend to Facebook | by:校長

 本校茶道部生徒と教職員が「花しょうぶまつり」に参加しました。両神の薬師堂から「四阿山」に向かう沢沿いに「花しょうぶ園」が広がっています。生徒たちは、障子等で茶店風にあつらえて頂いた東屋で300名を超える観光客を茶でもてなしました。花しょうぶを眺めなら頂くお茶は、また格別だと思います。今回、茶道部は初めて参加させて頂きましたが、花しょうぶ園に風情を添えていました。

 

 本日は、道の駅「薬師の湯」でも無料のキュウリやこんにゃくが振る舞われ、大勢の観光客でにぎわっていました。

 道の駅にある農産物直売所で珍しいものを見つけました。「中津川(ながつがわ)イモ」です。日露戦争またはシベリア出兵の時に持ち帰り、大滝の中津川で栽培されるようになったと言われています。海抜500㍍以上で育てないと大型化してしまい、独特の味わいが失われてしまうようです。

「イモの皮色は淡いピンクで目が赤く、皮は薄く形は細長い。イモは5cm程度と小さく、収量は少なく「男爵薯」の半分程度です。ねばりがあり、身はしまっているが味がない。煮ても蒸してもくずれず、串にさしても割れない特徴を持っています(地方特産食材図鑑より)」。地元では、味噌などをつけて田楽として食します。

 

 私もイベント等で田楽になった中津川イモを食べたことはありますが、生のイモを入手したのは初めてです。半分は食べて、残りは来年の3月頃に海抜の高い実家の裏山に植えてみたいのですが、人家から遠いためイノシシ等の野生動物から守る方法を考えなければなりません。



17:44 | 投票する | 投票数(3)