検索

過去の小鹿野高校の様子

埼玉県立小鹿野高等学校

絵文字:矢印 右学校自己評価システムシート
絵文字:矢印 右いじめ防止等の基本方針
絵文字:矢印 右教科(選定に係る基本方針等)
絵文字:矢印 右学校の活性化・特色化方針
 生徒の成長物語

絵文字:矢印 右部活動に係る活動方針
絵文字:矢印 右
緊急情報発信サイト
 台風等の際にホームページへのアクセス数が増大し、閲覧できなくなる事案が発生したため、埼玉県立の公立学校では「緊急情報発信用ウェブサイト」を準備しました。「お気に入り」や「ブックマーク」に予め登録しておいてください。なお、一部対応していない機種もあります。
※下記QRコードで登録を!

絵文字:矢印 右小鹿野高校ホームページ
 携帯電話・スマートフォンからも閲覧できます。
※こちらのQRコードから↓
http://www.ogano-h.spec.ed.jp/     

 

2016.4.21~

1442144

オンライン状況

オンラインユーザー9人
ログインユーザー0人
学力の向上

 
いじめ防止に関すること

本校の基本方針等はこちらから
 
彩の国教育の日
 県では、教育に関する理解を深めていただくため、11月1日を「彩の国教育の日」、11月1日から7日までを「彩の国教育週間」としています。 期間中は、県や市町村、学校、社会教育施設、各種団体等で、学校公開や親子向け体験教室などの事業を多数実施しています。ぜひ御参加ください。
 

カウンタ

あなたは2016年6月28日日誌スタートから78474人目の訪問者です。
〜千射万箭〜

日誌


2019/07/19

弓道部 部活とは関係ないんですが・・・中島みゆきさんのラジオより

Tweet ThisSend to Facebook | by 鹿高 商業科O
 「中島みゆきのオールナイトニッポン」
 ニッポン放送、月曜日、1979年の4月から1987年の3月まで放送されていました。このラジオにまつわるエピソードを中島みゆきさんは「伝われ、愛」という本にまとめています。
 最後の手紙は、番組中バカ笑いしている中島みゆきさんが、ちょっとしんみりリスナーの悩みに耳を傾け、彼女なりのアドバイスを短くコメントする。ちなみに、このコーナーに送られてくる便りをもとにして作られたのが「ファイト!」という歌だったりします。

 そんなコーナーに、送られて来た便り、そして中島みゆきさんは、手紙をくれたリスナーだけでなく、全てのリスナーに語りかけます。

 「みゆきさんこんにちは。 わたし、世界で1番のブスです。 誰が見たってブスです。自分でもわかっています。 わかってるんです。 でも人から変な態度取られると、やっぱり傷つくんですよね。

 周りの友達から毎日ブスって言われて、街歩いてても吐くマネされて。学級の男子からは睨まれて、おまけに生徒会長の人からは目の前でいろんなこと言われて。

 ああ、目の前が霞んで見えない。 字も書きにくい。でも頑張って書きます。


 わたし、今年受験です。志望校に願書も出します。だけど、だけど、その高校には恐い人がいます。中2の終わり頃、何度も何度も目の前に立って吐くマネして、みんなの笑い者にされました。 同じ高校に入ったら、またイヤなことされて、毎日泣かないといけないのかと思うと勉強できません。


 死にたいなって思ったり、わたしが死んだらあの人たち喜ぶだろうなとか考えます。


 お母さん恨んだけど、恨んじゃいけませんよね。 ここまで育ててくれたんだもの。

みゆきさん、こんなわたしでも、生きてて良かったって思うこと、ありますよね。

堂々と人前歩けるようになれる日、来ますよね。その日を夢見て頑張ります。


そして、そして、みゆきさんのコンサートの日には、今のわたしでないわたしになってみようと思います。


 そしてそんな便りに、中島みゆきさんはこんな風に答えました。


 日本中でこの今の番組を聴いてる人。が一番醜く(みにくく)見えるかわかると思います。

 このハガキをくれたあなた。そのくらいのことわかる人が、日本中にいっぱいいると思います。

 今あなたの周りにいる学校の、そういうことを言う、あなたを傷つけた仲間だけが人間だと思わないでほしいと思います。

 

 これから色んな人に会っていくことと思います。世の中狭く見ないでくださいね。


 女の子は、金さえかければある程度いくらでも美人になれるとわたしは思います。顔ってのはいくらでも作れます、金さえかければ。

 でも、金かけて綺麗になれないものもあると思います。


コンサートの日は、
アンタのままのアンタで、おいでよね。

また来週。


 そして流れて来た歌は、中島みゆきさんの「怜子」でした。


 怜子 いい女になったね 惚れられると女は本当に変わるんだね

 怜子 ひとりで街も歩けない 自信のない女だった お前が嘘のよう


 自信のない、この女の子への精一杯の「応援歌」だったのでしょう。

 アンタのままのアンタでおいでよね・・・・。

 この言葉に、きっと励まされたんじゃないかなと思います。


 返事や挨拶が小さいって、やっぱり自信がないのかな?って部員を見て思います。壁をぶち破って欲しい。「ブレークスルー」してほしいと思っています。君たちのままの君たちが、大宮の弓道場で「小鹿野高校」と呼ばれて「はい!!」とどの高校よりも大きな声で返事ができる。そんな日を願い・・・本日もまた「声が小さい」と叱るのでした・・・。


15:30 | 投票する | 投票数(3)

鹿高弓道部

弓道部

活動日  月曜日〜金曜日 16:00〜19:00
        土曜日・日曜日  9:00〜13:00



大宮公園弓道場で行われる県大会で、少しでも良い成績を残すことを目標に日々稽古しています。また、引退までに弐段取得を目指しています。
少人数ですが、前向きにひたむきに練習しています。


平成16年度 小鹿野町弓道大会 高校女子の部 個人第3位入賞
       秩父支部高校生弓道大会(四校戦)
         団体戦3位入賞(連合チーム)

 過去の戦績

昭和51年 第21回全国高校総合体育大会(インターハイ)出場
於 長野県松本市         
昭和52年 第21回関東大会出場
於 山梨県甲府市         
昭和52年 第22回全国高校総合体育大会(インターハイ)出場
於 島根県大田市(ベスト8進出) 
昭和52年 第32回国民体育大会出場
於 北海道            
昭和58年 第27回関東大会出場
於 栃木県宇都宮 (個人優勝)  
昭和59年 第 2回関東個人選抜出場
於 東京 (優勝・第4位入賞)   
平成 6年 第12回関東個人選抜出場
於 東京(第6位入賞)       

 部員数

男子

女子

1年生

1名

2名

3名

2年生

0名

1名

1名

3年生

0名

0名

0名

1名

3名

4名